2017年08月06日

漫画・ワンダーラビットガール 7巻(最終回の完結巻)(原作:廣瀬ゆい)無料で立ち読み電子書籍

「ワンダーラビットガール」は、原作:廣瀬ゆい(ひろせゆい)による漫画作品で、『ジャンプスクエア』(集英社)にて、2015年6月号から2017年7月号まで連載されていたコミック作品です。

「ワンダーラビットガール」のストーリーとしては、主人公の七海澪に、超エリート高に通う、尊敬する兄が倒れたという報せが突然届くという設定です。

心が壊れ、錯乱した兄の発した「ワンダーラビットガール」という謎の言葉が原因なのか、七海澪は兄に変わって学校へ潜入し、調査を始めるという展開を見せる、官能学園サスペンスもののコミック作品となっています。

電子コミックスは、出版社「集英社」の「ジャンプSQ.」レーベルから発売されており、カテゴリは、「少年マンガ」に分類されています。

ワンダーラビットガール 7巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ワンダーラビットガール」7巻のストーリーとしては、助けたいと思っていた兄を苦しめていた本当の元凶は自分だったという勅使原が明かした衝撃の事実に、蓮の気持ちを知った澪は、果たしてこの問題にどうやって決着をつけるのか?という展開を見せます。

官能学園サスペンスが遂に最終回を迎える完結巻となっています。

7巻の電子書籍には、デジタル版限定として、巻末に描き下ろし特典イラストが付いています。

「ワンダーラビットガール」は、1巻から7巻(最終回の完結巻)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で62ページ(187ページ中)、7巻で34ページ(202ページ中)となっています。

ワンダーラビットガール 7巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

廣瀬ゆいの作品には、「ワンダーラビットガール カラー版」「御曹司とヒミツの恋愛研修」「恋する黒いしっぽ」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画を全巻無料ではまず読めません。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by マンガ虫 at 09:26| 少年マンガ