2017年04月21日

漫画・ギャングース 16巻(最終回の完結巻)(作画:肥谷圭介、ストーリー共同制作:鈴木大介)無料で立ち読み電子書籍

「ギャングース」は、作画:肥谷圭介(ひやけいすけ)、ストーリー共同制作:鈴木大介(すずきだいすけ)による漫画作品で、『週刊モーニング』(講談社)にて、2013年14号から2017年6号まで連載されていたコミック作品です。

「ギャングース」のストーリーとしては、職なし、学なし、犯罪歴ありという、社会に見離された最底辺少年トリオが、生きるために選んだ仕事はヤバイ橋で、裏稼業・悪徳業種の収益金を狙う闇の窃盗団を結成したという設定です。

犯罪結社の金庫を叩き、建築資材窃盗団の倉庫を荒らすといった、実話を基にしたフィクションです。

電子コミックスは、出版社「講談社」の「モーニング」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

ギャングース 16巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ギャングース」16巻のストーリーとしては、この国のド底辺に生まれ、この世のあらゆる悪意を背負いながらその少年が命を賭して挑んだのは何だったのか?といった展開を見せます。

全ての名も無きギャングースたちに捧ぐ、本格派ルポライターと新鋭漫画家の奇跡の合作が感動の最終回を迎える完結巻となっています。

「ギャングース」は、1巻から16巻(完結)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は3巻で17ページ(209ページ中)、16巻で11ページ(202ページ中)となっています。

※2017年5月11日までの期間限定で、1巻と2巻の全ページを完全無料の0円で読むことができます。

ギャングース 16巻を読む

1度無料キャンペーンが行われた作品は、また無料キャンペーンが行われる可能性がありますので、無料期間が過ぎても、ちょくちょくチェックしてみてください。

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

鈴木大介の作品には、「最貧困女子」「最貧困シングルマザー」「貧困とセックス」「老人喰い――高齢者を狙う詐欺の招待」「脳が壊れた(新潮新書)」「将棋戦型別名局集」「鈴木大介の振り飛車のススメ」「将棋の教科書 振り飛車急戦」「将棋の教科書 現代振り飛車」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画を全巻無料ではまず読めません。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by マンガ虫 at 14:55| 青年マンガ